2級FP 2014年 9月 第31問

所得税および復興特別所得税の仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1所得税の計算期間は、原則として1月1日から12月31日までの期間であるが、個人事業主については任意に定めた事業年度を計算期間とすることもできる。
2所得税では、課税対象となる所得を10種類に区分し、それぞれの所得の種類ごとに定められた計算方法により所得の金額を計算する。
3所得税において課税対象となる所得は、総合課税または源泉分離課税のいずれかの対象となる。
4復興特別所得税は、その年分の所得税額に2.5%を乗じて計算される。

解答 2

1×個人事業主も個人と同様、1月1日から12月31日までの期間
2適切
3×分離課税は源泉分離課税と申告分離課税がある
4×復興特別所得税は、2037年12月31日まで所得税額の「2.1%」分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...