2級FP 2014年 9月 第41問

土地の価格に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1地価公示の公示価格は、毎年4月1日を価格判定の基準日としている。
2都道府県地価調査の基準地の標準価格は、毎年10月1日を価格判定の基準日としている。
3相続税路線価は、地価公示の公示価格の70%を価格水準の目安として設定されている。
4固定資産税評価額は、原則として、3年ごとの基準年度において評価替えが行われる。

解答 4

1×毎年「1月1日」が基準日
2×毎年「7月1日」が基準日
3×公示価格の「約80%」程度が目安
4「3年ごと」の見直し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...