2級FP 2014年 9月 第53問

民法で規定する相続分に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1養子(特別養子ではない)の法定相続分は、実子の法定相続分の2分の1となる。
2相続人が被相続人の配偶者、長男、孫(相続開始時においてすでに死亡している長女の代襲相続人)の合計3人である場合、孫の法定相続分は4分の1となる。
3相続人が被相続人の配偶者、長男、孫(相続開始時においてすでに死亡している長女の代襲相続人)の合計3人である場合、孫の法定相続分は4分の1となる。
4相続人が被相続人の配偶者、弟、妹の合計3人である場合、弟および妹の法定相続分は、それぞれ6分の1となる。

解答 3

1×養子は実子と同じ法定相続分
2×配偶者は3分の2なので、残り3分の1を二人で分けることになる。よって「6分の1」。
3適切
4×配偶者は4分の3なので、兄弟二人で4分の1を分けることになる。よって「8分の1」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...