2級FP 2015年1月 第3問

第3問 健康保険の任意継続被保険者に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1国民健康保険の被保険者の資格取得の届出は、資格を取得した日から14日以内に行うものとされている。
2国民健康保険の各年度における保険料(税)には、最高限度額が定められている。
3国民健康保険には被扶養者という区分はなく、加入者全員が被保険者となる。
4国民健康保険の医療費の一部負担金(自己負担額)の割合は、被保険者の年齢にかかわらず、一律3割とされている。

解答 4

1「14日以内」である。
2「最高限度額」が定められている。
3「加入者全員が被保険者」である。
4×「一律3割」ではなく、70歳以上75歳未満は原則2割

<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...