2級FP 2015年1月 第5問

第5問 雇用保険の基本手当に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1基本手当は、離職の日以前に一定の被保険者期間を有する70歳未満の者が受給することができる。
2基本手当を受給するためには、公共職業安定所に所定の書類を提出して、失業の認定を受けなければならない。
360歳で定年退職した者に対する基本手当の所定給付日数は、その者が就職困難者に該当する場合を除き、最長で360日である。
4基本手当は、雑所得として所得税の課税対象となる。

解答 2

1×「65歳未満」の者に支給される
2適切
3×最長「150日」(被保険者期間20年以上)である。
4×非課税である。

<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...