2級FP 2015年1月 第8問

第8問 国民年金基金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1国民年金基金には、国民年金の第1号被保険者のほか、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入被保険者も加入することができる。
2国民年金基金の掛金は、原則として月額6万8,000円が上限となっている。
3国民年金基金の老齢年金の基本年金額は、積立金の運用状況によって変動する。
4国民年金基金の加入員は、厚生年金保険の被保険者になるなどの所定の事由に該当したときに加入員の資格を喪失し、自己の都合で任意に脱退することはできない。

解答 3

1適切
2上限は「6万8,000円」である。
3×運用状況では変化しない
4加入は任意、脱退はできない。

<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...