2級FP 2015年1月 第21問

投資信託のパフォーマンスの評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1投資信託の運用報告書では、これまでの基準価額の推移や今後の運用方針を確認することができる。
2パッシブ型投資信託は、運用成果がベンチマークの収益率からかい離するほど、運用成果が優れていると判断される。
3収益分配金の有無や分配金の支払いの回数が異なる投資信託であっても、年率換算した累積収益率を用いて運用成果を比較することができる。
4投資対象が異なる投資信託であっても、シャープレシオを用いて運用実績を評価することができる。

解答 2

1適切
2×パッシブ型はベンチマークに追随する
3適切
4シャープレシオは、リスクに対してどの程度安全資産の収益を上回ったかを比較できる指標。

 

 


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...