2級FP 2015年1月 第24問

株式の信用取引に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1国内の証券取引所に上場しているすべての銘柄が、制度信用取引の対象となっている。
2制度信用取引では、証券取引所の規則により、弁済期限が6ヵ月と定められている。
3信用取引では、金銭に代えて上場株式や非上場株式を委託保証金として差し入れることができる。
4返済約定した信用取引に係る委託保証金を、その返済日に新たな信用取引に係る委託保証金に充当することはできない。

解答 2

1×証券取引所により定められた銘柄のみ
2適切
3×委託保証金の対象外
4×充当可能

<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...