2級FP 2015年1月 第28問

居住者である個人による平成26年中の金融商品取引に係る課税関係に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1追加型の公募株式投資信託の元本払戻金(特別分配金)は、利子所得となる。
2不動産投資信託(J-REIT)の分配金は、不動産所得となる。
3上場株式の譲渡に係る譲渡所得は、10%の申告分離課税の対象となる。
4上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除の適用を受けるためには、所得税の確定申告をする必要がある。

解答 4

1×非課税
2×配当所得
3×「20.315%」の申告分離課税
4適切

 


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...