2級FP 2015年1月 第29問

NISA(少額投資非課税制度)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、NISAにより投資収益が非課税となる口座をNISA口座という。

1NISA口座に受け入れることができる上場株式等は、1人当たり年間300万円までである。
2NISA口座には、所定の手続きにより、すでに特定口座や一般口座で保有している上場株式を移管することができる。
3NISA口座に受け入れた上場株式等の配当金等や譲渡益については、最長3年間、非課税とされる。
4NISA口座で保有する上場株式等に係る譲渡損失については、他の上場株式等の配当金等や譲渡益と通算することができない。

解答 4

1×年間「100万円」
2×すでに保有している株式等は移管できない
3×最長「5年間」
4適切

<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...