2級FP 2015年1月 第56問

公正証書遺言に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1公正証書遺言は、その作成時において遺言者が所有するすべての財産について受遺者を指定しなければならない。
2遺言者の推定相続人だけでなく、その推定相続人の配偶者および直系血族も、公正証書遺言の作成時の証人となることができない。
3公正証書遺言は、作成した日から1年を経過するまでは、その遺言を撤回することができない。
4公正証書遺言を作成した公証人は、遺言者の相続の開始を知った後、遅滞なくその遺言書を家庭裁判所に提出して検認を受けなければならない。

解答 2

1×一部の財産のみ指定することも可能
2適切。
3×撤回はいつでも可能
4×公正証書遺言は検認不要

<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...