2級FP過去問解説(学科)2015年9月【問題10】カードとローン

問題10

クレジットカードに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. クレジットカードは、クレジットカード会員の所有物であるため、自己の責任において第三者に自由に貸与することができる。
  2. リボルビング払方式(元利定額方式)は、一般に、毎月の支払金額が一定となるが、所定の計算方式で算出される利息額が毎月の支払金額に含まれている。
  3. クレジットカードの裏面の署名欄に署名(サイン)がない場合、カードの盗難や紛失等によって不正使用されたときには、その損害額が補償されないことがある。
  4. クレジットカード会員は、所定の手続きにより、カード会社が加盟する信用情報機関によって登録されている自己の信用情報を確認することができる。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. クレジットカードは、クレジットカード会員の所有物であるため、自己の責任において第三者に自由に貸与することができる。
  2. [解説]
    不適切である。クレジットカードはクレジットカード会社が会員に貸与しているもの。第三者に貸与することはできない。盗難や紛失が起きないよう注意する必要がある。

  3. リボルビング払方式(元利定額方式)は、一般に、毎月の支払金額が一定となるが、所定の計算方式で算出される利息額が毎月の支払金額に含まれている。
  4. [解説]
    適切である。リボルビング払方式(元利定額方式)は、一定のあらかじめ決められた金額を支払うため、計画的に返済することが可能となっているが、支払金額には元金と利息が含まれている。借りすぎると、支払金額に含まれる利息が多くなり、なかなか元金が減らない。

  5. クレジットカードの裏面の署名欄に署名(サイン)がない場合、カードの盗難や紛失等によって不正使用されたときには、その損害額が補償されないことがある。
  6. [解説]
    適切である。署名がないと、クレジットカードが使えなかったり、不正使用されたときに補償されなかったりする可能性がある

  7. クレジットカード会員は、所定の手続きにより、カード会社が加盟する信用情報機関によって登録されている自己の信用情報を確認することができる。
  8. [解説]
    適切である。クレジットカードの信用情報機関は事故情報など、信用情報が記録されており、申請すれば確認することができる


[要点のまとめ]
カードとローン

    目次

  1. カードとローン

1 カードとローン

・クレジットカードは発行を受けた名義人以外(ご家族の方でも)は使用できない。名義貸などにより被害に遭われた場合も自己責任となる。
・クレジットカードは、カード会社から会員に貸しているもの。
・IC端末の場合は暗証番号、IC端末がない場合はサインが必要である。ただカードの加盟店によっては、少額であればサインレスで決済できる。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました