2級FP過去問解説(学科)2016年1月【問題10】カードとローン

問題10

クレジットカードに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. リボルビング払いの手数料の支払方式には、月々の一定の支払額の中に手数料を含めて請求される「ウィズイン方式」と、月々の一定の元金支払額に手数料を上乗せして請求される「ウィズアウト方式」とがある。
  2. 割賦販売法の規定によれば、クレジット会社は、利用者とクレジット契約を行う際、その利用者の年収、生活維持費、クレジット債務などから算定される支払可能見込額を調査することが原則として義務付けられている。
  3. クレジットカードを使用したキャッシング(無担保借入)は、貸金業法上、総量規制の対象となり、キャッシング利用可能額の合計は、原則として、その他の無担保借入残高(他社も含む)と合算して年収額の3分の2までとなっている。
  4. クレジットカードのショッピングの利用可能枠を換金する目的で利用する「ショッピング枠現金化」は、クレジットカード会員規約に規定されている禁止行為に該当する。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. リボルビング払いの手数料の支払方式には、月々の一定の支払額の中に手数料を含めて請求される「ウィズイン方式」と、月々の一定の元金支払額に手数料を上乗せして請求される「ウィズアウト方式」とがある。
  2. [解説]
    適切である。

  3. 割賦販売法の規定によれば、クレジット会社は、利用者とクレジット契約を行う際、その利用者の年収、生活維持費、クレジット債務などから算定される支払可能見込額を調査することが原則として義務付けられている。
  4. [解説]
    適切である。お金を貸すために、情報を調べるのは当然だろうという程度の認識で、正誤の判断がつけばよい。

  5. クレジットカードを使用したキャッシング(無担保借入)は、貸金業法上、総量規制の対象となり、キャッシング利用可能額の合計は、原則として、その他の無担保借入残高(他社も含む)と合算して年収額の3分の2までとなっている。
  6. [解説]
    不適切である。年収額の3分の1である。「3分の2は多いのでは?」と考えて選んでも十分である。

  7. クレジットカードのショッピングの利用可能枠を換金する目的で利用する「ショッピング枠現金化」は、クレジットカード会員規約に規定されている禁止行為に該当する。
  8. [解説]
    適切である。ショッピング枠の現金化は、契約違反となる。借入金の一括請求や退会などのペナルティを課せられる可能性がある。


[要点のまとめ]
カードとローン

    目次

  1. カードとローン

1 カードとローン

・クレジットカードは発行を受けた名義人以外(ご家族の方でも)は使用できない。名義貸などにより被害に遭われた場合も自己責任となる。
・クレジットカードは、カード会社から会員に貸しているもの。
・IC端末の場合は暗証番号、IC端末がない場合はサインが必要である。ただカードの加盟店によっては、少額であればサインレスで決済できる。


error:Content is protected !!