2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題4】国民年金

問題4

国民年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 第2号被保険者の被扶養配偶者である62歳の妻は、第3号被保険者である。
  2. 第1号被保険者である大学生は、本人の所得金額にかかわらず、学生納付特例制度の適用を受けることができる。
  3. 第1号被保険者である30歳未満の者(学生を除く)は、保険料の納付が困難な場合、本人と配偶者の前年(1月から6月までに申請の場合は前々年)の所得金額が一定金額以下であれば、若年者納付猶予制度の適用を受けることができる。
  4. 日本国籍を有するが日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の者は、第2号被保険者または第3号被保険者に該当する者を除き、国民年金の被保険者になることができない。

[正解]  (適切)

  1. 第2号被保険者の被扶養配偶者である62歳の妻は、第3号被保険者である。
  2. [解説]
    第3号被保険者は20歳以上60歳未満である。

  3. 第1号被保険者である大学生は、本人の所得金額にかかわらず、学生納付特例制度の適用を受けることができる。
  4. [解説]
    本人の所得要件がある。なお、所得要件は次の通りである(覚える必要はないでしょう)。本年度の所得基準(申請者本人のみ)「118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等」。学生本人の所得要件である。

  5. 第1号被保険者である30歳未満の者(学生を除く)は、保険料の納付が困難な場合、本人と配偶者の前年(1月から6月までに申請の場合は前々年)の所得金額が一定金額以下であれば、若年者納付猶予制度の適用を受けることができる。
  6. [解説]
    本人と配偶者の前年の所得金額が一定金額以下であれば、保険料納付が猶予される。所得により免除される額が異なるが、本人や配偶者、世帯主の所得によって免除される制度であることをおさえておく。

  7. 日本国籍を有するが日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の者は、第2号被保険者または第3号被保険者に該当する者を除き、国民年金の被保険者になることができない。
  8. [解説]
    20歳以上65歳未満で海外に住んでいる日本人は第1号被保険者になることができる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...