2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題13】生命保険の一般的な商品性

問題13

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

  1. 養老保険の満期保険金は、死亡保険金、高度障害保険金と同額である。
  2. 終身保険の保険料の払込方法には、有期払込、終身払込、一時払いがある。
  3. 収入保障保険(定額型)では、保険金を一時金で受け取る場合の金額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
  4. こども保険は、被保険者である子が死亡した場合だけでなく、契約者が死亡した場合でも死亡給付金を受け取ることができる。

[正解]  (不適切)

  1. 養老保険の満期保険金は、死亡保険金、高度障害保険金と同額である。
  2. [解説]
    満期保険金と死亡保険金(高度障害保険金)は同額である。

  3. 終身保険の保険料の払込方法には、有期払込、終身払込、一時払いがある。
  4. [解説]
    有期払込とは、例えば払込満了を65歳までにして、それ以降は払わず、保障だけ得ることができる。

  5. 収入保障保険(定額型)では、保険金を一時金で受け取る場合の金額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
  6. [解説]
    年金形式で受け取れば、まだ受け取っていない分を保険会社が運用しているため、受取総額が一時金で受け取るよりも増える。

  7. こども保険は、被保険者である子が死亡した場合だけでなく、契約者が死亡した場合でも死亡給付金を受け取ることができる。
  8. [解説]
    契約者が死亡した場合は、保険料支払い相当額を受け取ることができる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...