2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題23】債券の特徴

問題23

債券の信用リスクに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 債券の発行体の財務状況の悪化などにより、その発行する債券の利子や償還金の支払いが債務不履行(デフォルト)となるリスクを、信用リスクという。
  2. 発行体が同一であれば、劣後債であっても他の債券と同等の信用格付となる。
  3. 信用格付において最上級の格付を付された債券については、利子や償還金の支払いに遅延が生じることはない。
  4. 市場で流通している信用リスクの高い債券と信用リスクの低い債券を比較した場合、他の条件が同じであれば、信用リスクの高い債券の方が利回りは低くなる。

[正解]  (適切)

  1. 債券の発行体の財務状況の悪化などにより、その発行する債券の利子や償還金の支払いが債務不履行(デフォルト)となるリスクを、信用リスクという。
  2. [解説]
    信用リスクはデフォルトリスクともいう。国内情勢の悪化している国の債券は債務不履行になるリスクが高くなるなど。

  3. 発行体が同一であれば、劣後債であっても他の債券と同等の信用格付となる。
  4. [解説]
    債券ごとの格付けである。

  5. 信用格付において最上級の格付を付された債券については、利子や償還金の支払いに遅延が生じることはない。
  6. [解説]
    最上級の格付けであっても、支払遅延が生じないわけではない。

  7. 市場で流通している信用リスクの高い債券と信用リスクの低い債券を比較した場合、他の条件が同じであれば、信用リスクの高い債券の方が利回りは低くなる。
  8. [解説]
    信用リスクの高い債券の方が利回りは高い。利回りが高くないと売れないからである。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...