2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題25】投資指標

問題25

株式の投資指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 配当性向は、株価に対する年間配当金の割合を示す指標である。
  2. 配当利回りは、税引後純利益に対して、当該利益から配当金として支払った金額の割合を示す指標である。
  3. 株価純資産倍率(PBR)が1倍以上であることは、理論上、株式時価総額が会社の解散価値を下回っていることを示す。
  4. 株価収益率(PER)を類似業種の企業間で比較した場合、一般に、PERが高いほど株価が相対的に割高であるとされる。

[正解]  (適切)

  1. 配当性向は、株価に対する年間配当金の割合を示す指標である。
  2. [解説]
    説明は、配当利回りのものである。配当性向は、純利益に対する配当金の割合を示す。

  3. 配当利回りは、税引後純利益に対して、当該利益から配当金として支払った金額の割合を示す指標である。
  4. [解説]
    説明は、配当性向のものである。

  5. 株価純資産倍率(PBR)が1倍以上であることは、理論上、株式時価総額が会社の解散価値を下回っていることを示す。
  6. [解説]
    解散価値を下回っていると考えられるのは、PBR1倍未満である。

  7. 株価収益率(PER)を類似業種の企業間で比較した場合、一般に、PERが高いほど株価が相対的に割高であるとされる。
  8. [解説]
    PERは、株価が純利益の何倍になっているかを示す指標で、PERが低いと株価は割安、高いと割高となる。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...