2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題31】所得税の仕組み

問題31

所得税の仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 所得税は、原則として、個人が1月1日から12月31日までの暦年単位で得た所得に対して課される。
  2. 所得税では、賦課課税方式が採用され、税務署長が所得や納付すべき税額を決定する。
  3. 所得税の課税総所得金額に対する税率は、課税総所得金額が大きくなるにつれて税率が高くなる超過累進税率を採用している。
  4. 所得税では、課税対象となる所得を10種類に区分し、それぞれの所得の種類ごとに定められた計算方法により所得の金額を計算する。

[正解]  (不適切)

  1. 所得税は、原則として、個人が1月1日から12月31日までの暦年単位で得た所得に対して課される。
  2. [解説]
    所得税の課税対象期間は、1月1日から12月31日までである。

  3. 所得税では、賦課課税方式が採用され、税務署長が所得や納付すべき税額を決定する。
  4. [解説]
    賦課課税方式とは、国や自治体が税額を決め、書面で知らせる方式で、住民税や不動産取得税、固定資産税などが該当する。所得税や法人税などは自分で申告する申告納税方式である。

  5. 所得税の課税総所得金額に対する税率は、課税総所得金額が大きくなるにつれて税率が高くなる超過累進税率を採用している。
  6. [解説]
    所得税は消費税などと異なり、課税総所得金額が大きくなるにつれて税率が高くなる。

  7. 所得税では、課税対象となる所得を10種類に区分し、それぞれの所得の種類ごとに定められた計算方法により所得の金額を計算する。
  8. [解説]
    所得税は、利子所得、給与所得、不動産所得など10種類に区分されており、その所得の種類ごとに計算方法が異なる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...