2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題40】消費税の課税取引

問題40

消費税の課税事業者が行う次の取引のうち、消費税の課税取引となるものはどれか。

  1. 貸付期間が1ヵ月以上の土地の貸付け(駐車場等の施設の利用に伴う貸付けを除く)
  2. 国債の譲渡
  3. 自己の生活の用に供していた車両の譲渡
  4.  

[正解]  (適切)

  1. 貸付期間が1ヵ月以上の土地の貸付け(駐車場等の施設の利用に伴う貸付けを除く)
  2. [解説]
    土地の貸付(1ヵ月以上)は課税取引ではない。

  3. 国債の譲渡
  4. [解説]
    国債の譲渡は非課税取引である。株式の譲渡も非課税取引である。

  5. 自己の生活の用に供していた車両の譲渡
  6. [解説]
    生活用の動産の譲渡は非課税取引である。

  7. 賃料を対価とする店舗の貸付け
  8. [解説]
    住宅の貸付は非課税だが、賃料を対価とする店舗の貸付は課税取引となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...