2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題41】不動産登記

問題41

不動産の登記や調査に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 借地上に借地権者名義で登記された建物を所有する借地権者は、借地権設定者が当該借地権の目的となっている土地の所有権を第三者に譲渡してその登記を移転しても、借地権を当該第三者に対抗することができる。
  2. 登記の記載事項を信頼して不動産を取得した者は、記載されていた登記名義人が真実の権利者ではなかった場合でも、原則として、その不動産に対する権利が認められる。
  3. 抵当権設定登記の登記記録は、権利部甲区に記録され、登記事項として債権額や抵当権者の氏名または名称などが記録される。
  4. 不動産登記法の規定により登記所に備え付けるべき地図に準ずる図面は、現地を測量して作成され、すべての土地の区画が明確にされている。

[正解]   (不適切)

  1. 借地上に借地権者名義で登記された建物を所有する借地権者は、借地権設定者が当該借地権の目的となっている土地の所有権を第三者に譲渡してその登記を移転しても、借地権を当該第三者に対抗することができる。
  2. [解説]
    借地権者は借主のことで、借地権設定者は借地権を設定した所有者である。借地権者である借主は、借地権の登記がなくても、建物を所有していれば第三者に対抗することができる。土地の所有者の変更により建物を出ていかなければならないのは借主にとって酷だからである。

  3. 登記の記載事項を信頼して不動産を取得した者は、記載されていた登記名義人が真実の権利者ではなかった場合でも、原則として、その不動産に対する権利が認められる。
  4. [解説]
    登記には公信力がないので、登記の記載事項を信頼した結果被害を受けたとしても、保護されない。

  5. 抵当権設定登記の登記記録は、権利部甲区に記録され、登記事項として債権額や抵当権者の氏名または名称などが記録される。
  6. [解説]
    抵当権設定登記の記録は、権利部の乙区である。

  7. 不動産登記法の規定により登記所に備え付けるべき地図に準ずる図面は、現地を測量して作成され、すべての土地の区画が明確にされている。
  8. [解説]
    登記所に備え付けるべき地図に準ずる図面は、完備しているわけではない。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...