2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題51】親族等に係る民法の規定

問題51

親族等に係る民法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 親族とは、6親等内の血族、配偶者および4親等内の姻族をいう。
  2. 特別養子縁組が成立した場合、原則として養子と実方の父母との親族関係は終了する。
  3. 協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。
  4. 未成年者が婚姻をするには、父母の一方が同意しない場合、他の一方の同意だけで足りる。

[正解]  (不適切)

  1. 親族とは、6親等内の血族、配偶者および4親等内の姻族をいう。
  2. [解説]
    親族とは、6親等内の血族、配偶者および「3親等内」の姻族

  3. 特別養子縁組が成立した場合、原則として養子と実方の父母との親族関係は終了する。
  4. [解説]
    特別養子は実方との親族関係は終了する。(普通)養子は終了しない。

  5. 協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。
  6. [解説]
    相手方に財産分与を請求できる。

  7. 未成年者が婚姻をするには、父母の一方が同意しない場合、他の一方の同意だけで足りる。
  8. [解説]
    未成年者の婚姻では、父母の一方の同意で足りる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...