2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題53】贈与税の申告と納付

問題53

贈与税の申告と納付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 贈与税の申告書の提出先は、贈与者の納税地の所轄税務署長である。
  2. 贈与税の申告書の提出期間は、原則として、贈与を受けた年の翌年の2月16日から3月15日までである。
  3. 贈与税の期限内申告書に係る贈与税の納期限は、その期限内申告書の提出期限と同じである。
  4. 贈与税の納付について認められる延納期間は、最長で10年である。

[正解]  (適切)

  1. 贈与税の申告書の提出先は、贈与者の納税地の所轄税務署長である。
  2. [解説]
    贈与者ではなく、受贈者の住所地の所轄税務署長である。

  3. 贈与税の申告書の提出期間は、原則として、贈与を受けた年の翌年の2月16日から3月15日までである。
  4. [解説]
    翌年の2月1日から3月15日までとなる。

  5. 贈与税の期限内申告書に係る贈与税の納期限は、その期限内申告書の提出期限と同じである。
  6. [解説]
    贈与税の納期限と申告書の提出期限は同じである。贈与を受けた年の翌年の2月16日から3月15日までである。

  7. 贈与税の納付について認められる延納期間は、最長で10年である。
  8. [解説]
    延納期間は5年以内である。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...