2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題56】遺産に係る基礎控除額

問題56

下記<親族関係図>において、平成27年中にAさんに相続が開始した場合の相続税の計算における「遺産に係る基礎控除額」として、最も適切なものはどれか。なお、Dさんは相続の放棄をしている。

WS000002

  1. 70,000千円
  2. 54,000千円
  3. 48,000千円
  4. 42,000千円

[正解]  (適切)

[解説]

基礎控除額は、「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」で、法定相続人の数には放棄した者も含まれる。また、実子がいる場合は、養子は1人まで法定相続人となる。
よって、3,000万円+(600万円×4)=5,400万円



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...