2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題57】宅地の評価

問題57

下記の宅地における路線価方式による自用地価額として、最も適切なものはどれか。なお、奥行価格補正および側方路線影響加算以外の補正は考慮しないものとする。

WS000320

  1. (200千円×0.99+250千円×1.00×0.02)×400m2=81,200千円
  2. (200千円×0.99+250千円×1.00×0.03)×400m2=82,200千円
  3. (250千円×1.00+200千円×0.99×0.02)×400m2=101,584千円
  4. (250千円×1.00+200千円×0.99×0.03)×400m2=102,376千円

[正解]  (適切)

[解説]

まず、正面道路を決めるが、250千×1.00=250千>200千×0.99 よって、250千の道路が正面道路となる。また、図は準角地ではなく、角地になる。角地はT字型や十字型で、準角地はL字型の道路である。
よって、4が適切。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました