2級FP過去問解説(学科)2016年9月【問題19】

問題 19
第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 特定(三大)疾病保障定期保険では、特定疾病保険金が支払われた後も契約が存続し、死亡したときに死亡保険金が支払われる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    特定疾病保険金が支払われると保険契約が消滅する。

  2. 医療保険では、正常分娩による入院については、入院給付金の支払い対象とならない。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    正常分娩は病気ではないため、入院給付金の支払い対象とはならない。なお、帝王切開は対象である。

  3. 先進医療特約では、支払い対象となる先進医療は、療養を受けた時点において厚生労働大臣が承認しているものとされている。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    先進医療は厚生労働大臣が認めた医療技術だが、契約時と療養時だと技術が異なることがある。支払い対象となる先進医療は、療養時に承認しているものである。

  4. 所得補償保険では、ケガや病気によって就業不能となった場合、入院中だけでなく医師の指示による自宅療養中も補償の対象となる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    所得補償保険は、自宅療養中も補償の対象である。

[解答] 1
[補足]

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...