2級FP過去問解説(学科)2016年9月【問題27】

問題 27
ポートフォリオ運用に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. A資産の期待収益率が2.5%、B資産の期待収益率が6.0%の場合、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は4.6%となる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    2.5%×0.4+6.0%×0.6=1+3.6=4.6%

  2. 異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が-1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの軽減)は得られない。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    2資産間の相関係数が-1となる場合、分散投資の効果は最大となる。つまり、値動きは逆の動きをする。なお、+1だと同じ動き(効果なし)、0に近いと相関性はない。

  3. 株式のポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより、ポートフォリオの期待収益率は、組入れ銘柄の期待収益率の加重平均を上回ることができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    ポートフォリオの期待収益率とは、組入れ銘柄の期待収益率の加重平均した値である。よって、上回ることはできない。

  4. 株式のポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより、市場全体の動き(システマティック・リスク)の影響を軽減することができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    システマティック・リスクは、回避できないリスクであるため、銘柄数を増やしても軽減することはできない。

[解答] 1
[補足]

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...