2級FP過去問解説(学科)2016年9月【問題56】

問題 56
相続税の計算における税額控除等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 平成28年中に開始する相続では、遺産に係る基礎控除額は、「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」の算式によって計算される。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」ではなく、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」である。

  2. すでに死亡している被相続人の子を代襲して相続人となった被相続人の孫は、相続税額の2割加算の対象者となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    代襲相続人となった孫は、2割加算の対象外である。

  3. 被相続人の配偶者が「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けた場合、配偶者が相続等により取得した財産の価額が、1億6,000万円または配偶者の法定相続分相当額のいずれか多い金額までであれば、原則として、配偶者の納付すべき相続税額はないものとされる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    1億6,000万円または配偶者の法定相続分相当額のいずれか多い金額まで控除を受けられる。

  4. 「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けるためには、相続が開始した日において被相続人との婚姻期間が20年以上でなければならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    相続税額の軽減は婚姻期間の要件はない。婚姻期間20年以上必要なのは、贈与税の配偶者控除(2,000万円控除)である。

[解答] 3
[補足]

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...