2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題10】財務諸表

問題10

下記<A社の貸借対照表の抜粋>に基づき算出されるA社の安全性に関する財務比率に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。


[正解]  (適切)

[解説]

当座比率は、「当座資産÷流動負債×100」で求められる。当座資産は、現金・預金、売掛金など1年以内に現金ができる資産である。流動負債は、買掛金や短期借入金など1年以内に返済期限が到来する負債である。当座比率が高いほど、短期的な支払能力が高いと判断できる。よって、200÷200×100=100%となる。
流動比率は、「流動資産÷流動負債×100」で求められる。よって、300÷200×100=150%となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...