2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題11】生命保険の商品性

問題11

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 低解約返戻金型終身保険の解約返戻金は、他の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない通常の終身保険と比較して、保険料払込期間中は少ないが、保険料払込終了後は同水準になる。
  2. 収入保障保険の死亡保険金を一時金で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
  3. 外貨建て終身保険は、円換算支払特約を付加することにより、保険金等を円貨で受け取ることができ、為替リスクを回避することができる。
  4. こども(学資)保険は、保険料払込期間中に契約者が死亡し、保険料の払込みが免除となった場合であっても、契約は有効に継続し祝金や満期保険金を受け取ることができる。

[正解]  (不適切)

  1. 低解約返戻金型終身保険の解約返戻金は、他の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない通常の終身保険と比較して、保険料払込期間中は少ないが、保険料払込終了後は同水準になる。
  2. [解説]
    低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金を低くすることで保険料をおさえた商品である。低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約数を見込んで保険料を設定しているため、通常の終身保険と比べて保険料は安くなっている。つまり解約する人に対する返戻金を少なくして、その分の保険料を安くしている。また解約返戻金÷支払総保険料で求められる解約返戻率は、支払総保険料が低くなる低解約返戻金型終身保険は高くなる。

  3. 収入保障保険の死亡保険金を一時金で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
  4. [解説]
    収入保障保険は被保険者が死亡したときに遺族に年金形式で保険金が支給される保険だが、一時金で受け取ることもできる。ただ、その場合、受取総額は年金形式で受け取る場合より少なくなる。年金形式で受け取るということを保険会社の立場で考えると、支払していない分を運用することができる。保険加入時には年金形式で受け取った場合の総額を基にシミュレーションしていることが多いため、一時金で受け取ることについて十分に検討しておく必要がある。

  5. 外貨建て終身保険は、円換算支払特約を付加することにより、保険金等を円貨で受け取ることができ、為替リスクを回避することができる。
  6. [解説]
    円換算支払特約は、外貨で受け取るのではなく円で受け取るための特約であり、受取時の為替レートによって受取額が異なる。外貨建て保険で為替リスクを回避するためには、外貨建て預金などにある為替予約付の商品を選ぶ必要がありますが、保険商品に為替予約が付いている商品がありません(あったら教えてください)。

  7. こども(学資)保険は、保険料払込期間中に契約者が死亡し、保険料の払込みが免除となった場合であっても、契約は有効に継続し祝金や満期保険金を受け取ることができる。
  8. [解説]
    こども(学資)保険は、契約者である親が万一の時でも教育費の準備ができる保険であるため、祝金や満期保険金を受け取ることができる。こども(学資)保険は、他の保険とは異なり、保険料を支払う保険者が健康告知の対象となります。例えば終身保険の場合、被保険者の健康状態によって加入の可否が決定しますが、こども(学資)保険の被保険者は子ども、保険者が親という契約形態となり、親の健康状態によって保険料払込免除特約が付けられるかどうかが決まります。保険料払込免除特約を付けないと万一の時にでも保険料を払い続けなければ保険契約を継続することはできません。ただ保険料払込免除特約を付けない契約方が保険料は安くなりますので、返戻率は高くなります。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました