2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題13】生命保険の商品性

問題13

総合福祉団体定期保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 総合福祉団体定期保険は、従業員の死亡退職だけでなく、定年退職した場合の退職金等の準備としても活用できる。
  2. 契約の締結に際しては、加入予定者の保険約款に基づく告知および被保険者になることについての同意が必要となる。
  3. 企業が負担した保険料は、その2分の1相当額を資産に計上し、残りを損金の額に算入することができる。
  4.  

[正解]  (適切)

  1. 総合福祉団体定期保険は、従業員の死亡退職だけでなく、定年退職した場合の退職金等の準備としても活用できる。
  2. [解説]
    定期保険なので、貯蓄性はない。総合福祉団体定期保険は、従業員や役員の遺族の生活保障のための保険です。保険期間は1年間ですので、掛捨ての定期保険です。よって、退職金準備などの貯蓄性のある保険タイプではありません。なお、福利厚生制度とし保険を利用するので、福利厚生規程(弔慰金・死亡退職金規程等)を定める必要があります。

  3. 契約の締結に際しては、加入予定者の保険約款に基づく告知および被保険者になることについての同意が必要となる。
  4. [解説]
    総合福祉団体定期保険は、企業で勤務する従業員向けの保険だが、加入予定者の同意が必要である。契約締結にあたり、法人から従業員全員に、保険の内容を記載した文書を全従業員や役員に配付し、その内容を周知徹底する必要があります。従業員や役員の知らないところで勝手に保険にか加入することはできません。

  5. 企業が負担した保険料は、その2分の1相当額を資産に計上し、残りを損金の額に算入することができる。
  6. [解説]
    定期保険で、貯蓄性はないため、全額損金の額に算入することができる。設問の内容はハーフタックスプランと呼ばれる養老保険の経理処理の方法です。ハーフタックスプランは、従業員・役員が万一の時には遺族に、満期保険金は法人に支払う契約方法です。これは従業員・役員が万一の時には法人は保険金を受け取ることができないため、実質、掛捨て型の定期保険と同じですので、保険料の半分は損金算入が認められています。

  7. ヒューマン・ヴァリュー特約を付加することによって、被保険者が不慮の事故により身体に傷害を受けた場合の治療費や入院費が保障される。
  8. [解説]
    ヒューマン・ヴァリュー特約は、従業員の死亡により代替雇用者の採用費用や育成費用を目的に保険金を受け取ることができる特約である。ヒューマン・ヴァリュー特約による特約死亡保険金(特約高度障害保険金)は直接、法人(契約者)へ支払われることとなります。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...