2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題16】火災保険の商品性

問題16

火災保険および地震保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

  1. 火災保険では、突風により住宅の窓ガラスや屋根が破損した場合、補償の対象となる。
  2. 専用住宅を対象とする火災保険の保険料を決定する要素の一つである建物の構造級別には、「M構造」「T構造」「H構造」の3種類の区分がある。
  3. 地震保険では、地震による津波によって建物が破損し、一定の損害を被った場合、補償の対象となる。
  4. 地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引制度があり、重複して適用を受けることができる。

[正解]  (不適切)

  1. 火災保険では、突風により住宅の窓ガラスや屋根が破損した場合、補償の対象となる。
  2. [解説]
    突風による家屋の損害も補償の対象である。

  3. 専用住宅を対象とする火災保険の保険料を決定する要素の一つである建物の構造級別には、「M構造」「T構造」「H構造」の3種類の区分がある。
  4. [解説]
    コンクリート造建物や鉄骨造建物、木造建物などの種類や共同住宅、耐火性能により3種類に分かれる。

  5. 地震保険では、地震による津波によって建物が破損し、一定の損害を被った場合、補償の対象となる。
  6. [解説]
    地震による津波での損害も地震保険の対象となる。

  7. 地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引制度があり、重複して適用を受けることができる。
  8. [解説]
    割引は重複して受けることはできない。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...