2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題17】傷害保険の商品性

問題17

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

  1. 家族傷害保険の被保険者は、被保険者本人、配偶者、被保険者本人または配偶者と生計を共にする同居の親族に限られる。
  2. 交通事故傷害保険は、道路通行中または交通乗用具に搭乗中の交通事故および交通乗用具の火災によるケガを補償の対象としており、エスカレーターも交通乗用具に含まれる。
  3. 普通傷害保険は、日本国外における就業中の事故によるケガも補償の対象となる。
  4. 国内旅行傷害保険は、旅行中の食事を原因とする細菌性食中毒も補償の対象となる。

[正解]  (不適切)

  1. 家族傷害保険の被保険者は、被保険者本人、配偶者、被保険者本人または配偶者と生計を共にする同居の親族に限られる。
  2. [解説]
    生計を一にする別居の未婚の子も被保険者となる。

  3. 交通事故傷害保険は、道路通行中または交通乗用具に搭乗中の交通事故および交通乗用具の火災によるケガを補償の対象としており、エスカレーターも交通乗用具に含まれる。
  4. [解説]
    エレベーターやエスカレーターも交通乗用具に含まれる。

  5. 普通傷害保険は、日本国外における就業中の事故によるケガも補償の対象となる。
  6. [解説]
    普通傷害保険は、国内外問わず、家庭内・職場内問わず、補償の対象である。

  7. 国内旅行傷害保険は、旅行中の食事を原因とする細菌性食中毒も補償の対象となる。
  8. [解説]
    細菌性食中毒も補償の対象となる。なお、普通傷害保険では細菌性食中毒は補償の対象外である。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました