2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題19】損害保険の活用(個人)

問題19

損害保険を活用した家庭のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 自動車同士の事故だけでなく、電柱や橋と接触した場合の所有する自動車の修理費に備えて、自動車保険の車両保険を一般条件にして契約した。
  2. 高校生の息子が自転車で通学中に歩行者にケガをさせて治療費の負担が必要となる場合に備えて、自宅の火災保険契約時に個人賠償責任(補償)特約を付帯した。
  3. 国内旅行中に友人から借りたビデオカメラを誤って壊して修理費の負担が必要となる場合に備えて、国内旅行傷害保険契約時に個人賠償責任(補償)特約を付帯した。
  4. 草野球の練習中のケガによる入院や通院の治療費に備えて、普通傷害保険を契約した。

[正解]  (不適切)

  1. 自動車同士の事故だけでなく、電柱や橋と接触した場合の所有する自動車の修理費に備えて、自動車保険の車両保険を一般条件にして契約した。
  2. [解説]
    電柱や橋と接触した場合の所有する自動車の修理費は、自損事故の補償なので、車両保険に入る必要がある。

  3. 高校生の息子が自転車で通学中に歩行者にケガをさせて治療費の負担が必要となる場合に備えて、自宅の火災保険契約時に個人賠償責任(補償)特約を付帯した。
  4. [解説]
    個人賠償責任保険は、日常生活やスポーツ中などで他人にケガをさせて損害を与えたり、物を壊したりした場合に補償してもらえる保険である。

  5. 国内旅行中に友人から借りたビデオカメラを誤って壊して修理費の負担が必要となる場合に備えて、国内旅行傷害保険契約時に個人賠償責任(補償)特約を付帯した。
  6. [解説]
    個人賠償責任保険では、借り物に対する補償は対象外である。

  7. 草野球の練習中のケガによる入院や通院の治療費に備えて、普通傷害保険を契約した。
  8. [解説]
    普通傷害保険は、スポーツ中のケガによる治療費も対象である。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました