2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題27】ポートフォリオ運用

問題27

ポートフォリオ理論等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの低減)は最大となる。
  2. A資産の期待収益率が2.5%、B資産の期待収益率が6.0%の場合、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は4.6%となる。
  3. シャープレシオは、ポートフォリオ全体の収益率から無リスク資産収益率を減じたものを、ポートフォリオ全体のリスク(標準偏差)で除すことにより求められる。
  4. システマティック・リスクは、ポートフォリオの組入れ銘柄数を増やしても低減しない。

[正解]  (不適切)

  1. 異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの低減)は最大となる。
  2. [解説]
    相関係数が1だと、同じ値動きをする。よって、分散投資効果はない。

  3. A資産の期待収益率が2.5%、B資産の期待収益率が6.0%の場合、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は4.6%となる。
  4. [解説]
    期待収益率は、2.5%×0.4+6.0%×0.6=1+3.6=4.6%となる。
    次の例を考えると、式を覚えやすい。
    A資産を100%、B資産を0%で組入れると、
    2.5%×1+6.0%×0=2.5%
    A資産しか組入れていないため、A資産の期待収益率とポートフォリオの期待収益率(ポートフォリオとは呼べないが)は同じとなる。

  5. シャープレシオは、ポートフォリオ全体の収益率から無リスク資産収益率を減じたものを、ポートフォリオ全体のリスク(標準偏差)で除すことにより求められる。
  6. [解説]
    シャープレシオが大きいほど低いリスクでリターンを得ることになるので有利となる。

  7. システマティック・リスクは、ポートフォリオの組入れ銘柄数を増やしても低減しない。
  8. [解説]
    システマティック・リスクとは、市場取引する上で避けられないリスクである。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました