2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題28】NISA

問題28

NISA(少額投資非課税制度)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、NISAにより投資収益が非課税となる口座をNISA口座という。

  1. NISA口座で保有することができる上場株式等には、上場投資信託(ETF)や上場不動産投資信託(J-REIT)は含まれない。
  2. NISA口座で保有する上場株式等を売却することにより生じた損失は、特定口座で保有する上場株式等の配当と損益通算をすることができる。
  3. NISA口座で保有する上場株式等を売却することにより生じた損失は、確定申告をすることにより、翌年以降3年間繰り越すことができる。
  4. NISA口座で保有する上場株式の配当金を非課税にするためには、株式数比例配分方式を選択しなければならない。

[正解]  (適切)

  1. NISA口座で保有することができる上場株式等には、上場投資信託(ETF)や上場不動産投資信託(J-REIT)は含まれない。
  2. [解説]
    上場投資信託(ETF)や上場不動産投資信託(J-REIT)も含まれる。公社債投資信託や公社債は対象外である。

  3. NISA口座で保有する上場株式等を売却することにより生じた損失は、特定口座で保有する上場株式等の配当と損益通算をすることができる。
  4. [解説]
    NISA口座と他口座との損益通算はできない。

  5. NISA口座で保有する上場株式等を売却することにより生じた損失は、確定申告をすることにより、翌年以降3年間繰り越すことができる。
  6. [解説]
    損失の繰り越しはできない。

  7. NISA口座で保有する上場株式の配当金を非課税にするためには、株式数比例配分方式を選択しなければならない。
  8. [解説]
    NISA口座には、「配当金領収証方式」や「登録配当金受領口座方式」があり、配当金は課税対象となる。配当金を非課税にするためには、「株式数比例配分方式」を選択しなければならない。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました