2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題34】扶養控除

問題34

AさんおよびAさんと同居し生計を一にする親族の平成28年分の所得の金額は下記のとおりである。この場合のAさんの平成28年分の所得税における扶養控除の額として、最も適切なものはどれか。なお、年齢は平成28年12月31日現在のものとし、記載のない事項については考慮しないものとする。

Aさん(49歳) :給与所得600万円
Aさんの母(76歳) :雑所得(公的年金等)30万円
Aさんの長男(14歳):所得なし

  1. 48万円
  2. 58万円
  3. 86万円
  4. 96万円

[正解]  (適切)

[解説]

Aさんの母は、70歳以上で同居している。また、所得が38万円以下なので、老人扶養親族に該当する。老人扶養親族は、同居でない場合は48万円、同居の場合は58万円である。
また、Aさんの長男は16歳未満なので控除額はない。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...