2級FP過去問解説(学科)2017年1月【問題49】土地の活用手法

問題49

Aさんは、所有する土地に商業用店舗の建設・運営を検討している。土地の有効活用の手法の一般的な特徴についてまとめた下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

  1. (ア)必要 (イ)Aさん (ウ)無
  2. (ア)不要 (イ)デベロッパー (ウ)無
  3. (ア)必要 (イ)デベロッパー (ウ)有
  4. (ア)不要 (イ)Aさん (ウ)有

[正解]  (適切)

[解説]

1. 等価交換方式 所有する土地を譲渡して、デベロッパーがその土地に店舗を建てる。土地の価格と建築費用の割合で持分を決める。すでに所有している土地を使うので、建築資金は不要である。
2. 事業受託方式 土地の活用方法をデベロッパーに相談し、企画から運営管理まで一括管理してもらう方式。土地は手放さないが、資金が必要である。
3. 定期借地権方式 土地に借地権を設定して貸し出す方法。土地の譲渡や建設資金は不要である。
4. 建設協力金方式 テナント企業等から建設協力金として資金を得て、所有する土地に商業用店舗を建設する。建設協力金の額により土地所有者の自己負担額は異なるが、土地の譲渡はない。


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました