2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題26】ポートフォリオ運用

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 26
投資家Aさんの各資産のポートフォリオの構成比および期待収益率が下表のとおりであった場合、Aさんの資産のポートフォリオの期待収益率として、最も適切なものはどれか。

資産 ポートフォリオの構成比 期待収益率
預金 50% 0.3%
債券 30% 1.2%
株式 20% 7.0%

  1. 0.63%

    [解答解説] ×
    適切である。

  2. 1.91%

    [解答解説] ○
    不適切である。

  3. 2.83%

    [解答解説] ×
    適切である。

  4. 8.50%

    [解答解説] ×
    適切である。

[解答] 2
[解説]
例えば、預金に100%資産を預けた場合、
ポートフォリオの期待収益率は、0.3%×1=0.3% となる。
預金しかないため、預金単独の期待収益率もポートフォリオの期待収益率(「0.3%×1+1.2%×0+7.0%×0=0.3%」)も同じである。
これを参考に、それぞれの期待収益率に構成比を掛ければいいので、
0.3%×0.5+1.2%×0.3+7.0%×0.2=0.15+0.36+1.4=1.91%
となる。
期待収益率は%表記のまま、構成比を小数点にして計算するとわかりやすい(かも)。

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました