2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題34】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 34
所得税の医療費控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、「特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例」は考慮しないものとする。

  1. 医療費控除の控除額は、その年中に支払った医療費の金額の合計額から、総所得金額等の10%相当額を控除して計算される。

    [解答解説] ×
    不適切である。

  2. 各年において医療費控除として控除することができる額の上限は、200万円である。

    [解答解説] ○
    適切である。

  3. 医療費の補てんとして受け取った保険金は、その補てんの対象となった医療費の金額を限度として、支払った医療費の金額から差し引かれる。

    [解答解説] ○
    適切である。

  4. 居住者が自己と生計を一にする配偶者に係る医療費を支払った場合、その医療費の金額は、その居住者の医療費控除の対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。

[解答] 1
[解説]
医療費控除の対象は、納税者、生計を一にする配偶者・親族である。
医療費控除額(控除額上限200万円)
「(医療費-保険金等で補てんされる金額)-(総所得金額✕5%又は10万円のいずれか低い方)」
※医療費控除の対象
 公共交通機関の交通費、人間ドック(健康診断で病気が発覚し治療した場合)など
※医療費控除の対象外
 ガソリン代・駐車場代、人間ドック(異常がない場合)、健康増進のための費用など
※未払医療費は対象外だが、支払った年に対象となる。

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました