2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題35】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 35
次のうち、所得税における所得控除に該当するものはどれか。

  1. 配当控除

    [解答解説] ×
    適切である。

    税額控除である。

  2. 雑損控除

    [解答解説] ○
    適切である。

    所得控除である。

  3. 外国税額控除

    [解答解説] ×
    適切である。

    税額控除である。

  4. 住宅借入金等特別控除

    [解答解説] ×
    不適切である。

    税額控除である。

[解答] 2
[解説]
所得控除の種類と計算手順をおさえておきたい。
例えば、不動産所得の場合、「総収入金額-必要経費」で求める。次に課税所得金額を求める。この時に控除するのが所得控除である。
不動産所得金額-所得控除額=課税不動産所得金額
「課税〇〇金額」に税率をかけ、所得税額を求める。ちなみに、税額控除はこの後で控除する。
さて、所得控除の種類は以下の通りである。
物的控除:雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、寄附金控除
人的控除:基礎控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、障害者控除、寡婦(夫)控除、勤労学生控除

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました