2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題41】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 41
不動産の価格に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 地価公示の公示価格は、毎年4月1日を価格判定の基準日としている。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    公示価格の基準日は毎年1月1日である。

  2. 都道府県地価調査の基準地の標準価格は、毎年1月1日を価格判定の基準日としている。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    基準地標準価格は、毎年7月1日が基準日である。公示価格の補完的な役割で公示価格の基準日の6ヵ月後と覚えておく。

  3. 相続税路線価は、地価公示の公示価格の80%を価格水準の目安として設定されている。

    [解答解説] ○
    適切である。

    相続税評価額は、公示価格の80%が目安である。なお、固定資産税評価額は公示価格の70%である。

  4. 固定資産税評価額は、原則として4年ごとの基準年度において評価替えが行われる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    固定資産税評価額の基準日は1月1日で、3年毎に見直しされる。

[解答] 3
[解説]

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました