2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題43】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 43
民法における不動産の売買契約に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 買主が売主に解約手付を交付した場合、買主が売買代金の一部を支払った後でも、売主は、受領した代金を返還し、かつ、手付金の倍額を償還することにより、契約を解除することができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    売主が契約を解約する場合の手付金は、手付金の倍額である。受領した代金と、その代金と同額の代金を合わせて償還する。設問は手付金の3倍償還していることになる。

  2. 買主に債務の履行遅滞が生じた場合、売主は、履行の催告をすることなく直ちに契約を解除することができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    履行の催告は必要である。買主に債務の履行遅滞が生じた場合、相当の期間を定め、履行の催告をし、それでも履行されない場合に契約の解除ができる。

  3. 売買の目的物に隠れた瑕疵があり、買主が売主の瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求をする場合、買主は、その瑕疵がある事実を知った時から1年以内にしなければならない。

    [解答解説] ○
    適切である。

    買主は、瑕疵がある事実を知った時から1年以内であれば、損害賠償請求や契約解除の申出をすることができる。

  4. 売主は、売買の目的物に隠れた瑕疵があることを知らなかった場合、その瑕疵について瑕疵担保責任を負う必要はない。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    売主は、売買の目的物に隠れた瑕疵があることを知らなくても(過失がなくても)、瑕疵担保責任を負う必要がある。

[解答] 3
[解説]

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました