2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題47】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 47
建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 区分所有建物の建替えについては、集会において、区分所有者および議決権の各4分の3以上の多数により、その旨の決議をすることができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    各4分の3以上ではなく、5分の4以上である。また規約で別段の定めをすることはできない。この点もよく出題されるので合わせておさえておきたい。

  2. 区分所有建物のうち、構造上の独立性と利用上の独立性を備えた住居として利用することができる部分であっても、規約によって共用部分とすることができる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    構造上の独立性と利用上の独立性を備えた部分を専有部分と呼ぶ。エレベーターや廊下、階段などは共用部分とよばれるが、これらは共用部分のうち法定共用部分とよばれ、すでに共用部分として規定されている。そのほかに管理人室など規約で定める規約共用部分がある。たとえば、管理人室を専有部分であるマンションの一室に充てる場合がある。マンションの一室なので、構造上の独立性と利用上の独立性を備えているが、規約で定めることで共用部分とするのである。

  3. 区分所有者以外の専有部分の占有者は、建物またはその敷地もしくは附属施設の使用方法について、区分所有者が規約または集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う。

    [解答解説] ○
    適切である。

    規約または集会の決議に基づいて負う義務は、区分所有者だけでなく、相続で取得した包括承継人、売買で取得した特定承継人、同居人や賃借人などの占有者にも適用される。

  4. 共用部分の持分は、規約で別段の定めをしない限り、各共有者が有する専有部分の床面積の割合による。

    [解答解説] ○
    適切である。

    共用部分の持分は、専有部分の床面積割合となる。入居者数や購入価格、入居年数などではない。

[解答] 1
[解説]

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました