2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題50】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 50
不動産の有効活用の一般的な手法等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 事業受託方式は、土地有効活用の企画、建設会社の選定、当該土地上に建設された建物の管理・運営および建築資金の調達のすべてをデベロッパーに任せる方式である。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    紛らわしい選択肢だが、土地の所有者は土地の運用をデベロッパーにすべて任せるが、建築資金は土地所有者自身が準備する必要があるため、資金の調達はデベロッパーは行わない。

  2. サブリース(一括賃貸)方式は、賃貸ビルや賃貸マンションの所有者が不動産業者等に転貸を目的として貸室等を一括賃貸することにより、一定期間の賃料収入の安定確保を目的とする方式である。

    [解答解説] ○
    適切である。

    サブリースは、所有者から物件を一括で借り上げ、その物件を入居者に転貸する契約で、物件所有者は賃料収入を受け取る。管理などはすべて依頼する代わりに家賃の一部を受け取る方式である。

  3. 等価交換方式では、土地所有者は建物の建築資金を負担する必要はないが、土地の所有権の一部を手放すことにより、当該土地上に建設された建物の全部を取得することができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    土地所有者は、土地の一部又は全部を処分して、その価値に見合う建物又は土地と建物を得る。所有者は土地全部を手放すことはあるが、建物は共有物となる。

  4. 定期借地権方式では、土地を一定期間貸し付けることによる地代収入を得ることができ、借地期間中の当該土地上の建物の所有名義は土地所有者となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    定期借地権方式は、一定期間土地を貸し付け、保証金と地代収入を得る。借主は、その土地を活用して建物を建築し、様々な事業を行う。

[解答] 2
[解説]

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました