2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題54】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 54
民法における相続人等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 相続開始時に胎児であった者は、すでに生まれたものとみなされ、相続権が認められる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    相続開始時に胎児であれば相続権がある。

  2. 相続の欠格によって相続権を失った場合、その者に直系卑属がいれば、その直系卑属が代襲相続人となる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    相続の欠格と廃除は、その該当する人物の問題であり、直系卑属には関係ないため、代襲相続が認められる。ただ相続放棄の場合は、相続することを放棄しているため、代襲相続は認められていない(もし代襲相続が認められており、負債がある場合、代襲相続で子や孫もその都度判断しなければならなず手間がかかる)。

  3. 被相続人に子がいる場合、その子は第1順位の相続人となる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    配偶者は常に相続人なので、カウントせず、子から順位のカウントをする。よって子は第1順位である。

  4. 被相続人と婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係にある者は、被相続人の配偶者とみなされ、相続権が認められる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    相続での配偶者とは、法律上有効な婚姻でなければならず、事実上婚姻関係にあるだけでは被相続人の配偶者とはみなされず、相続権はない。

[解答] 4
[解説]

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました