2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題55】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 55
遺産分割協議に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、相続人はすべて日本国内に住所を有するものとする。

  1. 相続人が被相続人の妻、長男(遺産分割時において15歳)の2人である場合、長男においては特別代理人の選任が必要であり、その特別代理人が遺産分割協議に参加できる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    長男は未成年であるため、特別代理人の選任が必要である。

  2. 相続人が被相続人の妻、長女(遺産分割時において18歳)の2人であり、長女は相続開始前に婚姻している場合、長女は遺産分割協議に参加できる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    婚姻すれば成人と見なされる。

  3. 被相続人の遺言がない場合、共同相続人全員による遺産分割協議により分割することになるが、共同相続人全員が合意すれば、法定相続分どおりに分割する必要はない。

    [解答解説] ○
    適切である。

    共同相続人全員が合意すれば、法定相続分どおりに分割する必要はないばかりか、遺言があったとしても遺言と異なる分割をしてもよい。

  4. 共同相続人間における遺産分割協議が調わない場合や協議ができない場合、相続人は、家庭裁判所の調停に先立って、審判による遺産分割を申し立てなければならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    遺産分割協議が調わない場合やできない場合、家庭裁判所に申請することになるが、まずは裁判所の仲介により話し合いで協議をする(調停)。それでもまとまらない場合は、審判で遺産分割を行うが、審判の場合の分割割合は、法定相続分によって行われる。

[解答] 4
[解説]

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました