2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題56】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 56
遺言および遺留分に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 公正証書によって遺言をする際には、証人2人以上の立会いが必要とされる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    公正証書遺言は証人2人以上の立ち合いのもとで、遺言の内容を口授し、公証人が筆記する。証人には推定相続人など利害関係がある人はなることができない。

  2. 公正証書による遺言を撤回するための新たな遺言は、公正証書による遺言でなければならない。

    [解答解説] ×
    適切である。

    様式が整っていれば、前回と同じ書式である必要はない。つまり、公正証書遺言ではなく、自筆証書遺言などでもよい。

  3. 被相続人の子の遺留分は、遺留分算定基礎財産の価額の2分の1相当額に法定相続分を乗じた額である。

    [解答解説] ○
    適切である。

    相続人が直系尊属だけの場合は3分の1、それ以外は2分の1となる。
    相続人が配偶者と子1人の場合、
    配偶者は1/2✕1/2=1/4
    子も1/2✕1/2=1/4
    となる。

  4. 被相続人の兄弟姉妹に遺留分は認められない。

    [解答解説] ○
    適切である。

    被相続人の兄弟姉妹に遺留分はない。被相続人に子や父母がいない場合で、兄弟姉妹に財産が移転するのを回避するために、遺言を書いておくことで財産を配偶者に集中させることができる。

[解答] 2
[解説]

解答解説

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました