2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題2】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 2
文部科学省が調査を行っている「子供の学習費調査」による子ども1人当たりの学習費の1年間の支出金額についての下記<資料>に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 公立における「学習費総額」について、「幼稚園」から「高等学校(全日制)」まで、最も構成比が高い内訳は、いずれも「学校外活動費」である。

    [解答解説] ×
    不適切である。幼稚園など学校教育費の割合が高い学年もある。

  2. 私立における「学習費総額」について、「幼稚園」から「高等学校(全日制)」まで、最も構成比が高い内訳は、いずれも「学校外活動費」である。

    [解答解説] ×
    不適切である。最も構成比が高い内訳は、いずれも「学校教育費」である。

  3. 「学習費総額」を公立と私立で比較したときの差額は、中学校が最も大きい。

    [解答解説] ×
    不適切である。一見して、公立と私立との差額が大きいのは、小学校と中学校で、両者を比較すると小学校が最も差額が大きい。

  4. 「幼稚園」から「高等学校(全日制)」までの15年間(幼稚園3年間・小学校6年間・中学校3年間・高等学校3年間)の「学習費総額」を単純合計すると、すべて私立に通った場合は、すべて公立に通った場合より1,000万円以上多額になる。

    [解答解説] ○
    適切である。まず、表は1年間の支出金額であることに注意しなければならない。1,000万円以上の差があるかどうかを調べればいいため、概算で充分である。小学校の差は約120万円なので、120万円×6=720万円、中学校の差は約80万円なので、80万円×3=240万円となり、幼稚園と高校の差を考えると、1,000万円以上となることがわかる。

[解答] 4
[補足]

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...