2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題3】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 3
ライフプランニングにおける各種係数を用いた必要額の算出に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、算出に当たっては下記<資料>の係数を乗算で使用するものとし、手数料や税金等については考慮しないものとする。

毎年年末に一定額を積み立てながら年利率3%で複利運用した場合、20年後に1,500万円となる貯蓄計画においては、毎年の積立金額は( ア )円となる。また、年利率3%で複利運用しながら、毎年年末に200万円を10年間受け取る場合においては、当初の元金として( イ )円が必要となる。

  1. (ア)558,000 (イ)17,060,400

    [解答解説] ○

  2. (ア)558,000 (イ)14,877,500

    [解答解説] ×

  3. (ア)744,100 (イ)17,060,400

    [解答解説] ×

  4. (ア)744,100 (イ)14,877,500

    [解答解説] ×

[解答] 1
[解説]
(ア)減債基金係数を使う。
   1,500万円×0.0372=55.8万円
(イ)年金現価係数を使う。
   200万円×8.5302=1,706万円

解答解説[表示]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました