2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題5】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 5
雇用保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 雇用保険の適用事業所に雇用される者であっても、アルバイトは、雇用保険の被保険者となることはない。

    [解答解説] ×
    不適切である。雇用保険はアルバイトやパート、非正規労働者すべてが対象である。

  2. 雇用保険料のうち、失業等給付の保険料は、被保険者の賃金総額に事業の種類に応じた雇用保険率を乗じて得た額を事業主が全額負担する。

    [解答解説] ×
    不適切である。雇用保険料は一部を被保険者が負担するため、「事業主が全額負担する」は誤り。

  3. 受給資格者の離職理由が自己都合退職の場合、基本手当は、原則として、待期期間に加えて公共職業安定所長が定める一定の期間について支給されない。

    [解答解説] ○
    適切である。自己都合退職の場合、待期期間の7日間に加え、3ヶ月間の給付制限がある。

  4. 雇用保険の基本手当の受給期間は、原則として、離職の日の翌日から起算して2年である。

    [解答解説] ×
    不適切である。基本手当の受給期間は、離職の日の翌日から1年間である。

[解答] 3
[補足]

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...